TEL:03-5225-1545お問い合わせ
TEL:03-5225-1545お問い合わせ
MENU
前のページへ戻る

各級のご案内とお申し込み

2級のご案内

【2級検定】

(第17回・第18回同時)

1.直前研修&検定試験 日程

※研修込みの2日間

第17回(2018年第1回)検定

直前研修

2018年9月15日(土) 10:00-17:00   

     16日(日)  9:30-14:00

検定試験 2018年9月16日(日) 14:30-16:00
申込締切 2018年8月21日(火)
会  場 大阪(大阪府社会福祉会館/大阪市中央区谷町7-4-15)

※直前研修と検定試験は同一会場

第18回(2018年第2回)検定

直前研修

2018年10月27日(土) 10:00-17:00

      28日(日)  9:30-14:00

検定試験 2018年10月28日(日) 14:30-16:00
申込締切 2018年10月2日(火)
会  場 東京(入谷ホール/台東区入谷1-27-4)

※直前研修と検定試験は同一会場

※先着順で申込みを受け付け、定員に達した場合は、その時点で締め切ります。

2.受験資格

下記の3つのすべてに該当する方 ※年齢は問いません

(1) 3級検定に合格している

(2) これまでに地域社会、組織(施設・機関、NPOなど)においてボランティアコーディネーションに関わった経験がある

(3) 2級検定直前研修を修了している

検定前日と同日に実施する2日間の直前研修を受講することが検定試験受験の要件となります。ただし、過去に実施された同直前研修をすでに受講された場合には、希望により免除されます。

※修了確認をおこなうため、受講日と開催地を申込書に記載してください。

3.受験料

直前研修受講料 15,120円(税抜価格14,000円・サブテキスト代込)

検定試験料 6,696円(税抜価格6,200円)

=合計21,816円(税抜価格20,200円)のところ→標準セット価格21,500円

さらにJVCA正会員ならば18,000円

※直前研修免除の場合の料金は、検定試験料のみになります。
※この機会に「JVCA正会員」へのお申込みはコチラ

◆U30(アンダーサーティ)応援プログラムのご案内◆
個人の立場で「2級検定」を受験される30歳以下(1988年1月1日以降に生まれた方)の希望者には、直前研修の“受講料”に対して、最大10人まで1万円を補助いたします。
詳細は、コチラをご覧いただき、WEBサイトの申込フォームから所定の申込みを行ってください。先着順で定員に達し次第、締め切ります。

4.定員

第17回:48人
第18回:48人

5.お申込み方法

※FAXによる申込受付はいたしませんので、ご注意ください。

(1)インターネットによる申込み

第17回(2018年第1回)(大阪)検定  ⇒ ここをクリック
第18回(2018年第2回)(東京)検定   ここをクリック

(2)郵送による申込み

申込書に必要事項を記入し、検定事務局まで郵送してください。

※申込書の受理後、1週間以内に入金手続きについてのご案内をFAXもしくはEメールでお送りしますので、指定の銀行口座に受験料をお振込ください。

6.受験の流れ

申込み
【申込書の提出締切日(必着)】
 第17回:2018年8月21日(火)    第18回:2018年10月2日(火)
※ただし先着順で定員に達した場合は、その時点で締め切ります。
        ▼         ▼        
入 金 申込書の受理後、1週間以内に入金手続きについてのご案内をFAXもしくはEメールでお送りしますので、指定の銀行口座に受験料をお振込ください。
【振込締切日】
 第17回:2018年8月28日(火)    第18回:2018年10月9日(火)
       ▼          ▼  
受験票テキスト

入金確認ができた時点で正式な申込みとし、2週間以内に受験票とテキスト、当日のご案内を発送します。               ※4~6月の受付分については、6月下旬より順次発送予定です。

       ▼
直前研修受講
第17回:2018年9月15日(土)・16日(日)  
第18回:2018年10月27日(土)・28日(日)
      直前研修受講免除
         ▼        ▼
検定試験
第17回:2018年9月16日(日)    第18回:2018年10月28日(日)
 
合否判定結果通知 検定試験委員会において合否を判定し、1ヶ月以内に受験者に文書で通知します。合格者には「ボランティアコーディネーション力3級検定合格証」を発行します。

7.出題程度・合格基準

出題形式 択一式筆記およびケーススタディ
問題数 33問程度
検定時間 90分
出題程度 公式テキストおよび2級検定サブテキストから90%以上を出題                                          
合格基準 70点以上(100点満点)

8.直前研修カリキュラム(8.5時間)

(1)ボランティアの捉え方

(2)社会の動きとボランティア

(3)ボランティアコーディネーションの視点(グループ演習を含む)

(4)ボランティアコーディネーションの実際(グループ演習を含む)

※2級の直前研修ではサブテキストを使用します。サブテキストの内容で研修で取り扱わず自己学習のみとなる部分があります。

※2級は、3級で使用した公式テキストに加えてサブテキストを使用します。サブテキストの発送は、6月以降を予定しています。

9.注意事項

1 お申込み上の注意点

(1) お身体の不自由な方で、受験の際に教室や受験方法に配慮が必要な場合は検定事務局まで事前にご連絡ください。
(2) 以下の場合は受験することができません。
・申込期日を過ぎて申込書が検定事務局に到着した場合。
・申込書が受付期間内に到着しても、書類または手続きに不備があった場合。
・申込みに際し、所定の方法で申込みをされていない場合。

2 キャンセル  

(1) 受験料を期限内にお支払いいただけない場合(何らかの事情がある場合は、期限内に事務局までご連絡ください。)
(2) 受験料振込後の申込みの取り消し、受験料・検定料の払い戻し、次回以降の検定試験への繰り越しは、主催者側に非がある場合を除いて、一切行いませんのでご了承ください。
(3) 荒天や自然災害等の事情により検定及び直前研修が延期になった場合のキャンセルも、上記(2)に準じるものとすることをあらかじめご了承ください。
(4)お申し込み後にキャンセルされる場合は、(入金前であっても)必ずご一報ください

3 受験票

入金後2週間以上経過しても受験票が届かない場合や記載事項に誤りがあった場合は、必ず事務局へお問い合せください。

4 持ち物

受験票、筆記用具

5 受験上の注意

(1) 次に該当する行為をした受験者は、その場で退場 ・失格とし、答案の採点はいたしません。また、不正行為等が合格認定後に判明した場合は、その合格を取り消しとし、以後の受験をお断りする場合があります。

  • 本人以外が受験する。
  • 他の受験者に迷惑をかける。
  • 試験監督の指示に従わない。
  • 携帯電話やPHSなどを使用する(時計として使用することもできません)。
  • 録音機器、カメラ、辞書、テキストなどを使用する。
  • その他不正行為

(2) 問題用紙・答案用紙の持ち出し、途中退出後の再入場も不正行為とみなしますのでご注意ください。
(3) 受験者の答案は公表いたしません。また、問題に関する質問には一切お答えできません。                       

6 合否結果発表

 試験後1ヵ月以上経過しても検定結果が届かない場合は、検定事務局へお問い合せください。合否・採点・試験問題の内容に関するお問い合せには一切お答えできません。

7 個人情報の取扱いについて

検定事務局は、当該検定試験の申込みによって取得した個人情報(住所、氏名、生年月日、性別等、個人を識別、特定できるもの)を以下の目的にのみ使用し、他の目的で使用することはありません。
・受験票や試験結果の発送等、検定試験や研修に関わる連絡 ・受験者の受験履歴の管理
・合格者名簿の管理 また、これ以外の目的に利用する場合は、ご本人(受験者)の同意を得た上で行います。

8 2級検定実施要項

ボランティアコーディネーション力2級検定についての詳細は実施要項(PDF) をご覧ください。